賃貸の借主を探す方法

賃貸住人を探すための契約


トップ » 賃貸住人を探すための契約
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸物件のオーナーが結ぶ契約

賃貸物件を所有しているオーナーが入居者を探すためには、自分で入居者を探すか不動産仲介業者に頼むのが一般的です。自分で探すのは時間や手間もかかることから、多くの人は不動産仲介業者に頼みます。不動産仲介業者に入居者を探してもらうためには、媒介契約を結びます。契約には複数の不動産仲介業者が入居者を探す一般媒介と、ひとつの不動産仲介業者が入居者を探す専任媒介と専任専属媒介契約があり、それぞれメリットとデメリットがあります。一般媒介と専任媒介では、オーナー自らが賃貸物件の入居者を見つけることができるメリットがあります。

不動産業者との媒介契約とは

賃貸住宅を借りる際には、不動産業者と媒介契約を結んでそうした物件を仲介してもらうことになります。この媒介契約には、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介という三つのパターンがあるのですが、この内で、複数の不動産業者に仲介を依頼することができるのが一般媒介、一社にしか仲介依頼のできないものが専属専任も含めた専任媒介です。しかし、どの契約パターンを選んだ場合であっても、不動産業者に仲介手数料を支払うのはあくまでも賃貸物件の契約ができた場合であって、契約できなかった場合には仲介手数料を支払う必要はないのです。