賃貸物件の日よけ対策

賃貸での日当たりについて


トップ » 賃貸での日当たりについて
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸物件を探す時に見るところ

賃貸物件を探す時に、重要なのは、間取りのほかにも日当たりなどにも重点を置くことです。しかしながら、南向きで日当たりがいい物件の場合は、日が強く差し込むこともあります。また、西日がきついことも考えられますし、朝日が強く差し込むこともあります。そのような状況を鑑みて、賃貸物件の見学の際には、日よけを設置できることを確認しておくとよいでしょう。日よけを設置することができれば、眩しすぎて困ることもないですし、日光で暑すぎることもないです。また、夏の冷房の効率が良くなるので、電気代にもよい影響があるでしょう。

暑さ対策、日よけフィルム

8月を迎え賃貸物件にお住まいの皆さんどのようにお過ごしでしょうか。真夏の暑さ対策、日よけについて話します。昨今は実に様々な種類のものが販売されていますので、その物件に合ったものを選べばよいでしょう。しかし、外に設置するだけが暑さ対策ではありません。プライバシーの尊重のため、遮光カーテン・フィルムが売られています。ベランダとは別の横窓に設置すると特に効果的です。外光そのものを遮断するのです。部屋に外光が入らないだけでも、クーラーの設定温度を数度下げることができます。また雨戸を閉めるのは実用的ではありません。一度、遮光フィルムを試してみてはいかがでしょうか。フィルムですので貼り付けてもかさ張らず、窓の開閉も問題なくできますので、お勧めです。賃貸でも物件を傷めずにすみますよ。